読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

密接と隔離の狭間で見る夢

煌めきの傍観録

STAGE of 嶺亜

 

 

2017/4/1、土曜日。

 

 

中村嶺亜くん10代最後のステージは、それに相応しく、5年超立ち続けてきたセクシーゾーンのツアー『STAGE』。

 

 

レポも交えながら、記録と記憶として残しておきたいと思う。

 

 

今日は特に終始楽しそうにしていた嶺亜くん。

 

High!!High!!Peopleではお尻を突き出す振りを聡ちゃんと合わせたり、LoveConfusionでは本高くんと目を合わせて振りを揃えたり。

 

ダンケシェーン前のオルゴールに合わせて丁寧にスケボーを扱う横顔、そしてカメラに抜かれて微笑む嶺亜くんは美そのもの。最後に目の横でピースをキメる嶺亜くんはステージいちのスーパーアイドルだった。ミントカラーのパンツも嶺亜くんのポップなキュートさに良く似合う。

 

Ladyダイヤモンドは、当時からはまた少し大人になった踊り方で、でもやっぱり楽しそうなのは変わらない。移動のあと振りが追いついてなくて足がぶらぶらしちゃってて、その時の照れ笑いが嶺亜くんらしくてかわいかった。

そして嶺亜くんキャラメルドリーム好き説。サビのキャッチーな振りがかわいい。

 

SweetyGirlの着ぐるみはたぶんライオン。

 

 

アクセントダンス、24-7は名古屋から衣装が変わって、大阪では青ジャケットに。ダンスも相まってかっこいい。

 

 

Hey!!SummerHoneyは、一瞬であの夏を蘇らせる。この曲を踊る嶺亜くんは最高に楽しそうで、一番好きと言っても過言ではない。

 

 

勝利の日までのジャンケンは、1回目チョキ、2回目はパーを出す嶺亜くん。チョキの出し方がアイドルっぽくてドチャカワ。

SexySummerに雪が降る、With youは当時とほぼ変わらない振りなのに、全然当時とは違くて、嫌でも成長を感じて泣きそうになった。

 

 

SexyZoneは、セクゾ本人の成長に感極まること3度目。今回のツアーバックの中で、デビュー当時からセクゾに付いているのは嶺亜くんだけなんだな、と思うと、自然と涙が流れて、我ながら気持ちの悪いオタクだと思う。

 

 

カラフルEyesで、自分のうちわを持ったファンを見つけた嶺亜くんは、この上なく嬉しそうだった。ハケ際まで手を振るほど。

 

 

 

 

そしてラスト、Congratulationは、嶺亜くんのために組み込まれたのでは、と思うほど。0番で踊る嶺亜くんの力強さ。

 

最後のお辞儀は、いつにも増して深く、何か思い入れを感じるところがある。10代、お疲れ様、ありがとう。そんな気持ちで、合わせて礼をした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハタチはきっと、通過点だ。ゴールでもスタートでもない。

 

でも、節目と呼ぶには大きすぎる。

 

その特別な区切りの最初と最後に、最高のステージに立つ姿として見届けられるとは、どんなに幸せなことだろうか。

 

新しい嶺亜くんにも、期待しかない。

 

 

 

 

 

たくさんの事があった、人生が動いた10代。間違いなく、たくさんの花を咲かせた、中村嶺亜として輝いた、嶺亜くんへ、Congratulation!!

 

 

 

明日からの嶺亜くんにも、幸がありますように、心から願います。